耳カットの猫のこと。

飼い主のいない外で暮らす猫で耳先カットされた猫は不妊去勢手術がすんでいます

飼い主のいない猫に手術をおこなうことをTNR活動といいます

TNRとは猫を安全に捕獲し(T)、手術をおこない(N)、元の場所に戻す(R)ことをいいます

手術をおこなった猫には麻酔中、耳先を少しだけカットします

オスは右、メスは左。これはこの活動を行ってる人たちの共通のルールです

日本中、世界でもこのルールになっています

耳先カットしてないとメス猫は開腹してみないと手術を施してあるかどうかわかりにくいため何度も手術されないための

目印になります

そして耳先カットの猫には「お世話している人がいますよという印」でもあります

手術を施した猫は一代限りとなります

野良猫は家の猫のように長生きはしません

長くて4,5年といわれています

一代限りの短い命を見守ってくださいという意味もあります

*****

野良猫に餌だけあげている人がいます

餌をあげるなら手術をする覚悟であげてください

猫は年に4回出産でき、一度に5,6匹産みます

春に生まれた子猫が半年後には赤ちゃんを産む身体に成長します

野良猫がかわいそうだからといって餌だけやる人は無責任な人です

自分の満足のために与えているのであり本当に猫のことを考えている行動とは思えません

私たちのTNR活動エリアでもこの相談が一番多いです

「近所で餌やりだけをやって増やしている人がいて困っている。近所付き合いもありなかなか言えない」

逆に私たちの活動を見て「私もご飯だけあげてるから手術をしたい」と相談も受けます

数人の方が自分も手術をしようという考えに変わられました

まだまだ猫の問題は発展途上の日本です

できることをすれば変わるし変えられると思いながら日々活動しています。